Rememory SDK
事前登録フォーム

LiDAR搭載端末(iPhone/iPad)で撮影した ボリュメトリックビデオをUnity上で自由に使えるRememory Unity SDK

誰もが気軽にボリュメトリックビデオ(立体映像)を体験できる機会の創出を目指しているRememoryでは、 LiDAR端末で撮影したボリュメトリックビデオをRememoryのプラットフォーム上で共有するだけでなく、 UnityにエクスポートできるSDKの公開を予定しています。 これによってアプリの編集機能だけでは難しかった、映画制作やアニメーション・ゲーム等ご自身のクリエイティブにLiDAR撮影のボリュメトリックビデオを活用頂くことができます。

Rememory Unity SDKが提供する機能

・LiDAR搭載端末(iPhone/iPad)で撮影したボリュメトリックビデオのUnityへのエクスポート
・上記ボリュメトリックビデオのUnity上での再生
・Rememory ユーザーアカウントへの紐付け、一括管理

公開スケジュール

・2021年12月下旬よりベータ版公開(本公開時まで無料で利用可能)
・2022年2月に本公開予定(Basic LicenseとPro Licenseを選択)

予定ライセンス

  • Basic License
  • 無料
  • エクスポート制限
    最長30秒
    毎月5ファイルまで
  • Unity上で再生可
  • 商用利用可
  • Pro License
  • 月額 4,000円(予定)
  • エクスポート制限
    最長180秒
    毎月のファイル数制限なし
  • Unity上で再生可
  • 商用利用可

Rememory SDK
事前登録フォーム

ベータ版の公開・本公開時など、Rememory SDKに関するアップデートをいち早く受け取りたい方はメールアドレスをご登録ください